神戸の伝承地酒「福寿」酒心館にオジャマしました

今年は寒さのせいか3月下旬になっても、まだ梅が満開になっていません。
梅を見に行こうと思っているのに機会が伸びて、桜と一緒になるかもしれませんね。


この時期は、各蔵元は今年の主な仕込みも終わり、
杜氏や蔵人の方も一段落されていると思います。

毎年のように「福寿」の蔵元を訪れています。
「福寿」さんのお酒は、
菰樽の鏡開きのお酒として使わせて頂いたり、
お得意先の飲食店に置いて頂いており、
また、店でも御めでたいお酒の贈答品として、日本通の方に日頃召し上がるお酒として
いろいろな場面で、お買い求め頂いている当店でも人気のお酒です。


今回は、醸造責任者(杜氏)の方のご好意により、麹室の中も見学させて頂くことができました。
写真の左側が蔵内からの入り口で、麹室(むろ)が奥と右側に二つあります。

通常の酒蔵見学会では、なかなか中に入れてくれません。
できても仕込みが終わって、すでに麹室に麹がない場合が多いです。

しかも今回は、女性である私の妻も中に入れさせて頂きました。

しかも~~、しかも~~、しかも~~。

なんと、麹を作る作業をさせて頂きました。
いわゆる「切返し、仕舞仕事」といい、箱麹の中の固まった麹をバラしたり、混ぜたりして温度調節して、麹のハゼ込みをよくして、よりよい麹を作る作業です。

福寿さんでは、麹を作る作業は箱麹を使い、手作業のみです。また最新の技術をあちこちに導入しています。

例えば後ろの方に見える、箱麹を覆う銀色の布は、ゴアテックスです。麹の温度や湿度を調節するには欠かせないものですが、御存じの通り、価格が高いです。また、箱麹を置いている台は、重量計の上に置いてあります。どれだけ水分を含んだ記録するためです。麹の温度を正確に把握するために、デジタルの温度計を使用しています。こうした手間とお金を掛けて良質の日本酒が生まれるのでしょう。

流石です。


次に、仕込みタンクの「櫂入れ」を経験させて頂きました。

タンクの中に落ちないようにしながら、中の醪を撹拌します。結構、力が要ります。ママもちょっと苦労しています。


「あっっ!!」、櫂をタンクに当てちゃいました。

タンクには支障ないようですが、びっくりしたみたいです。


 左側にある搾り機で粕(かす)と分離された新酒は、右側のタンクに滴り落ちるのですが、ママが二つの利きジョコを持っているのは、一つは流れてきたそのままのお酒と一つはタンクのお酒を飲み比べているからです。

二つのお酒は、同じお酒ですが炭酸の含み具合や味は違います。

普段お酒を飲まないママですが、美味しいのか舌鼓しています。


通常は見学者に見せない浸漬室も案内して頂きました。

酒造りの欠かせないのは、良い蒸米を作ることですが、そのためにお米の吸湿歩合が重要になります。

つまり、この部屋は企業秘密のベールに包まれた部分です。

私も長年あっちこっちの酒蔵を訪問させて頂いていますが、今回の経験は初めてのことが多く、大変参考になりました。福寿さんに感謝いたします。と共に最近の醸造技術の進歩には、驚愕いたします。

蔵の見学の後は、となりの「さかばやし」で蔵の方と食事を頂きながら、楽しい時間を過ごしました。

みなさま、素晴らしい設備で一生懸命造っている福寿のお酒を是非お召し上がりください。

できたら、当店でお買い求めください。

カテゴリー: 日本酒 | コメントをどうぞ

ヴァレンタインにチョコもらっちゃいました♪

神戸元町の酒屋 敏ちゃんの呟き

  今日は、聖ヴァレンタインの日です。
  云われは、よく知りませんが。  
  世の男性諸君!

  あっちこっちから、チョコレートをゲットしましたか!

  

  可愛いでしょ♪

  だれにもらったかって?

     うふふ♪

  

   もちろん、ムスメからに決まっているでしょう~~。

カテゴリー: 私と私のファミリー | コメントをどうぞ

店のSWが「バレンタイン風」に替わりました!

年明け以来、なにやかんやと忙しく(SWの正月バージョンをUPできてませんでした)、

やっと和風から洋風に、バレンタイン風にデコレーションしてみました。
(もちろん、ほとんどママがやりました。)

少しモヤモヤが晴れた気がします。

今年は、寒い冬が続きそうです。

おかげで、「燗にする日本酒」と「酒粕」がよく売れています。

今夜は寒そうで~す。

ヒラオカママに頼んで、晩ご飯に酒粕汁を作って貰って、

熱燗で身も心も温まりたいで~す。

カテゴリー: 当酒屋のこと | コメントをどうぞ

兵庫県自治賞を受賞しました

★兵庫県自治賞を受賞しました

2011年12月06日
´
私ごとながら、地元の消防団に入っています。

「神戸の都会に消防団ってあるのん?」って、よく言われますが、
神戸市中央消防団の三宮と元町の地域をを担当している分団に所属しています。

入団して早くも、20年になります。
その間に「阪神大震災」もあり、火事も何度かありました。

この度、兵庫県から消防功労として「兵庫県自治賞」を受賞いたしました。

これからも、酒屋の仕事をしながら、地域の方の安心と安全に
少しでもお役に立てたらと思っております。

少しお腹が出てきたのは、お許しください。

以下は、表彰状と共に頂いた楯です。

カテゴリー: 私と私のファミリー | コメントをどうぞ

店のSWを「クリスマス」にかえました ママ♪

 

  

   ちょっと世の中が暗い雰囲気があるので、
   「店だけでも明るくしようかな」と思ったら、
   キラキラになっちゃいました。

     ぜひ見に来てくださいね。

              ヒラオカママ より

カテゴリー: 当酒屋のこと | コメントをどうぞ

猫の額もない庭の風景

店の前にある花壇に「アジサイ」が咲きました。 

手入れをしているのは、ヒラオカママです。

ただ、ぼ~~と見ているのは、私です。 

ショーウインドーが、「夏バージョン」に変わりました。

店の前を通る方は、「ショーウインドーの景色が変わるのが楽しみや。」

と言ってくれますが、

思わず、

「たまにはワインでも買ってね~。」

と心の中で呟いてしまいました。

カテゴリー: 当酒屋のこと | コメントをどうぞ

店の前にある葡萄の実が大きくなってきました♪♪

 
昨年、植えていました葡萄の樹に実「巨峰」が生ってきました。

日一日と大きくなって来るのが楽しみです。

道行く人から、

「葡萄からワインを造って売るのですか。」

とからかわれますが、

「そやねん、儲けよう思って育てるねん。」

と交わしますが、

内心、何房しかないのに飲むほど
ワインはできへんわ。

でも、一年を通して葡萄の樹の成長とサイクルを
見るのは勉強になる気がします。

どこかで葡萄栽培に適した畑を買って、
ヒラオカママと葡萄の樹を育て、
ワインを造ったら、

お知らせします。
期待せんとお待ち下さい。

もちろん、
畑仕事したくない女性陣から
ブーイングされると思いますが~~~~~。

カテゴリー: ワイン, 当酒屋のこと | コメントをどうぞ

寒いのに「摩耶山」に登ってきました

 

 

久ぶりに山登りに行ってきました。

むちろん家族からは、「寒いのに一人で行くなんて気がしれんは~~。」

と驚かれましたが。

朝一番で弁当(家に居るママの分も)を作り、いざ出発!!

予想より、神戸の町の中や途中まではあまり寒くなく、汗をかいたのでセーターを一枚脱ぎました。

大竜時から市が原までは、快適に飛ばし、天狗道では用心の為少しペースを落したが、

摩耶山の手前では、やはり気になっていた雪が結構ありました。

アイゼン(靴の底に付ける鉄の爪)を持って行かなかったので、

内心「これ位ではアイゼン使うほどはない。バランスで歩く。」と思いながら、

アイゼンを付けている他の登山者をちらりと見てたりしてました。

その時、足元を滑らしてバランスを崩しました。

直ぐに自分の体を心配するより、周りに登山者がいないか、

キョロキョロ見渡し、誰もいないと判るとホットしました。

山頂にも雪がつもっており、下りもまたもや一~二度

バランスを崩し、周りをキョロキョロ見渡しました。

やっぱり、時々は山登りをしなくては、あきませんね~~。

帰りの三宮でのビールと串かつがやけに美味しかったのは、

「また山にいけよ~。」ってことでしょうか。

    摩耶山天上寺 http://www.mayasan-tenjoji.jp/ 

カテゴリー: 六甲山と摩耶山, 私と私のファミリー | コメントをどうぞ

山Pの「あしたのジョー」を観てきました

午前中は、何年かぶりに「お雛さま」を飾りました。
七段もあり大きくてママ一人では大変だと思い、私も手伝いました。

数も多いし、細かい作業だったので男の私としては、
ちょっとイラついてきてました。

でも。
終わるとやはり達成感でうれしいもんです。

ご褒美に、今日は休日でもあるし、元町の中華やさんで
茹で豚・酢わんたん・その他とビールを頂きました。

休みのお昼に飲むビールは、また格別です。

昼からは、ママが好きな?山Pが主演し、今話題の

「あしたのジョー」の映画を観に行きました。

トレーニングで鍛えられた山Pと伊勢谷さんの体には、
男の私も惚れ惚れします。

私も明日からお酒を少しでも控えて、体を鍛えるど~~。

  三日坊主にならないこと祈ります。

カテゴリー: 神戸元町のよしなしごと, 私と私のファミリー | コメントをどうぞ